ニュース
» 2012年03月08日 14時40分 UPDATE

アイパス、モバイルの機器・接続管理のクラウドサービスを開始

世界の無線LANサービスへの接続や利用状況、端末の運用管理ができるサービスとなる。

[ITmedia]

 アイパス ジャパンは3月8日、企業向けモバイル機器・接続管理サービス「iPass Open Mobile Platform 」の提供を開始した。世界の無線LANサービスへの接続や利用状況、端末の運用管理が行える。

 同サービスは、「Mobile Network」「Mobile Connect」「Mobile Insight」「Mobile Control」の4つのコンポーネントで構成される。世界の約68万カ所のWi-FiホットスポットをPCやスマートフォン、タブレット端末などで利用できる。

 また、企業などのIT管理者がユーザーのネットワーク利用状況、通信費などのコスト、コンプライアンス状況を把握できる機能も提供。セキュリティ機能ではVPN接続、ウイルス対策、パーソナルファイアウォールの動作、アプリケーション利用の許可・不許可などを設定、管理できる。Wi-Fiほか携帯電話網を利用したモバイルアクセスにも対応している。

 利用価格は個別見積りとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -