レビュー
» 2012年03月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ECMの効用と限界を説く ―企業競争力の源泉となる、マルチメディアデータを捨てていないか?―

マルチメディアコンテンツの活用が、企業競争力を決定する!パナソニックが提案する真のECMに必要な3つのポイント

[PR/ITmedia]

 端末の多様化とマルチユース化の時代に突入した現在。

 企業内で扱う動画や静止画、音声データなどのマルチメディアコンテンツは非構造化情報と言われ、近年爆発的に増加している。この非構造化情報の活用が企業競争力の鍵となる。

 企業内の効率的なコンテンツ管理を目的とするECMにおいても、マルチメディアデータのハンドリング、端末機器との密接な連携などあたらなソリューションが求められている。

 パナソニックが提案する真のECMに必要な3つのポイントを説明する。コンテンツ管理・活用に課題を抱える担当者は必見の内容だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -