ニュース
» 2012年03月22日 18時35分 UPDATE

中小規模メインフレーム向け仮想テープ装置を発売 EMCジャパン

EMCジャパンは、IBM z/OS環境の中小規模システム向けメインフレーム用仮想テープ装置「EMC DLm2000」を発表した。

[ITmedia]
「EMC DLm2000」 「EMC DLm2000」

 EMCジャパンは3月22日、IBMのメインフレーム用OSであるIBM z/OS環境の中小規模システム向け仮想テープ装置「EMC DLm2000」を販売開始したと発表した。

 DLm2000は、これまで大規模メインフレーム環境向けだった仮想テープ装置を中小規模向けに構成したもの。メインフレーム環境では複数のストレージシステムを導入することが必要だったが、DLm2000はユニファイドストレージ「EMC VNX」と統合したことで、データのバックアップやリカバリ、バッチ処理、アーカイブなどを1台の筐体で実現できるようになった。これにより、システム管理の煩雑さが軽減するほか、設置面積、電源、空調などの運用コストが削減できる。

 DLm2000は、RAID6のデータ保護機能を持ち、データをディスクに保存することで媒体の劣化によるデータ損失を防ぐことが可能だという。

 価格は個別見積もり。

関連キーワード

EMC | 仮想テープライブラリ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -