ニュース
» 2012年03月27日 10時00分 UPDATE

SAS、大量データの活用を支援するインメモリBIツールを発表

SAS Institute Japanは、大量のデータを高速分析するインメモリBIツールを発表。WebブラウザやiPadでの利用に対応する情報表示オプションも用意する。

[本宮学,ITmedia]

 SAS Institute Japanは3月26日、ビジネス分析(BI)ソフトの新製品「SAS Visual Analytics」を発表した。Hadoopに対応したインメモリ分析エンジン「SAS LASR Analytic Server」による大量データの高速処理を特徴とする。処理したデータは視覚的なインタフェースで探索できるため、ユーザーのビジネスの洞察力を高めるとしている。

 WebブラウザとiPadに対応する情報表示オプションを備え、iPad向けには専用アプリをiTunes App Storeで配信する。また、今後はiPad以外のモバイル端末にも対応する予定という。

 Visual AnalyticsはLASR Analytic Serverのほか、各種機能を実行するための「Hub」、ユーザーが外出先でもレポートの表示などを行えるようにする「Mobile」、データ発見/可視化ツール「Explorer」、レポート作成ツール「Designer」、管理ツールで構成される。

 サーバの各種コンポーネントはRed HatまたはSUSE Linuxに対応。標準システムの最小構成は、プロセッサ・コア96個、メモリ768Gバイト、ディスクストレージ4.8テラバイトを搭載した8ブレードサーバ。最大構成は1152コア、メモリ9.2テラバイト、57.6テラバイトのディスクストレージ。ハイエンド向けには特に制限を設けない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -