ニュース
» 2012年03月27日 16時33分 UPDATE

富士通、倉庫内作業を支援するSaaSサービスを提供

物流倉庫の作業を支援するSaaS型システムを富士通が販売開始した。

[ITmedia]

 富士通は3月27日、入荷検品など物流倉庫の作業を支援するSaaS型システム「LOMOS/TM-SaaS」を販売開始した。

 同サービスは、倉庫内の商品に添付されたバーコードと、無線ハンディターミナルを活用して、入荷検品、ピッキング、出荷検品、棚卸し、棚移動などの作業を効率化するもの。各プロセスの作業者が無線ハンディターミナルでバーコードをスキャンし、収集したデータをクラウド上で一元管理することで、出荷精度の向上や納品時間の短縮を実現する。

サービスイメージ サービスイメージ

 価格は月額7万5000円(税別)から。初期導入費や無線ハンディターミナル費は別途必要(オープン価格)。同社は2016年度末までに200物流センターでの採用を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ