レビュー
» 2012年04月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Hyper-V導入の余地を残す、プライベート・クラウドの基礎になるものを

デルとマイクロソフトの連携によるソリューションは、物理環境と仮想環境を調和のとれたかたちで管理し、複数のハイパーバイザの利用を可能にするとともに、物理マシンと仮想マシンの統合を容易にする。

[PR/ITmedia]

 仮想化初期フェーズは、統合率の高く投資対効果が得られやすいところから始めます。データセンター全体に対し高いROIをもたらすには、物理環境と仮想環境の調和をり、複数のハイパーバイザの利用を可能にする必要があります。

 Enterprise Strategy Groupが2010年に北米のITプロフェッショナル500名近くを対象として実施した調査によれば、回答者の34%は2種類の仮想化ソリューションを使用し、36%は3種類以上を使用してました。Forrester Researchによれば、平均的な企業では2010年初頭までに仮想化したサーバの割合は約30%でした。

 デルとマイクロソフトによるアプローチは、ベンダーを問わない、どのハードウェアでもハイパーバイザの利用を可能にするソリューションです。

 プライベート・クラウドの基礎として利用できるソリューションを紹介します。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -