ニュース
» 2012年04月16日 13時24分 UPDATE

格安航空のPeach Aviationが情報共有基盤を刷新

マイクロソフトのコラボレーション基盤製品をPeach Aviationが採用した。

[ITmedia]

 格安航空会社(LCC)のPeach Aviationは、情報共有基盤を刷新し、企業向けコラボレーション製品の「Microsoft Exchange Server 2010」と「Microsoft SharePoint Server 2010」を採用した。システムを提供した日本マイクロソフトが4月16日に発表した。

 Peach Aviationはこれまで社内のコミュニケーションツールとして「Google Apps」を活用していた。ビジネス成長に併せて社員が100人、200人という規模で増えていく中で、システムの拡張性と柔軟性を重視し、新システムへの移行を決めた。

 同社ではコスト削減を目的にした“持たざるIT”を実践。例えば、ネットスイートのクラウド型ERP「NetSuite Release J」を導入するなど、ほかのシステムにおいてもクラウド活用を推進している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -