ニュース
» 2012年04月16日 17時27分 UPDATE

富士通、アプリケーションフレームワークの機能強化版を発売

変更情報を外部ファイルで管理したり、編集画面をカスタマイズしたりできるようになった。

[ITmedia]

 富士通は4月16日、アプリケーションフレームワーク製品「INTARFRM Rapid Edition」の機能強化版を発売した。4月末から提供を開始する。

 新製品では環境に依存して変更される情報や業務仕様変更の可能性が高い情報を外部ファイルで管理できるようにし、ソースコードを修正することなくアプリケーションの動作を変更できるようにした。また編集画面上でアプリケーション画面のレイアウトを容易に変更できるカスタマイズ機能も搭載。ソースコードの修正やコンパイル、実行モジュールの配備などの作業を効率化できるという。またフロントとサーバ間の通信インタフェースも公開し、スマートフォンやタブレットPCなどに対応したアプリケーションの迅速な開発を支援するとしている。

 このほか、同社のクラウド実行環境「FGCP/A5 Powered by Windows Azure」や、Microsoft Visual Studio 2010との連携も強化。クラウド環境に適したWindowsアプリケーションの開発や、Visual Studio上でINTARFRMの機能を利用した開発が可能になる。

 製品価格はDevelopment Facility Rapid Edition V4が12万円、Runtime Rapid Edition V4とRuntime on Cloud Rapid Edition V4がそれぞれ30万円から。2013年度末までに2万5000ライセンスの販売を見込む。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -