コラム
» 2012年04月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「サーバを持たない」という選択――中堅企業が実現したビジネス継続性

「ファーファ」ブランドで知られるニッサン石鹸は、当初社内ITサービスの改善と管理負荷軽減を目的にプライベートクラウド化を進めてきた。この取り組みは、東日本大震災を経た現在、BCP(事業継続計画)の実現という形で実を結んでいるという。

[PR/ITmedia]

ニッサン石鹸は、東京都墨田区の本社拠点を中心に、大阪支社、兵庫工場、そして茨城に関東工場を持つ中堅企業だ。

陳腐化しつつあったIT基盤をプライベートクラウド化することで、ITの利用環境を改善した同社だが、2009年末から2010年2月頃にかけて、同社経営陣より「社内セキュリティおよび対災害環境のさらなる向上」という指針が示されていた。

業務データのバックアップ環境を整備し、またBCP(事業継続性)を高めるという観点から、同社はIT基盤のさらなる改修に取り組んだという。

本事例では、ニッサン石鹸が取り組んできたプライベートクラウドの事例と、東日本大震災後にビジネスの継続性において、どのような効果をもたらしたかについて紹介する。

<事例記事より一部抜粋>

  • 事業継続の観点から「サーバを持たない」ことを選択
  • 本社拠点が被災してもビジネスが滞らぬ環境を
  • IT資産管理を事業継続につなげる

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ