レビュー
» 2012年04月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:クラウド時代のシステム監視最適化

提供するITサービスや利用するアプリケーションの重要度によって、企業のITシステムはオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドなどの組み合わせで成り立っている。このような環境におけるコスト効率の高い全方位的なシステム監視のポイントを紹介する。

[PR/ITmedia]

 クラウド時代を迎えて、オンプレミス、パブリック/プライベートクラウドなど、ITサービスの重要度によってシステムの所有や利用形態を選べるようになった。クリティカルなシステムは、セキュリティを徹底しやすい自社システムで運用し、低コストが第一のサービスはSaaSを利用するといった具合である。これに伴い監視ツールもサービスのコストに見合ったレベルの監視を要求されるようになってきた。一般にエージェント導入型監視はコスト高だが詳細監視が可能、エージェントレス型監視はコスト安だが基本監視に限られる。オンライン取引、ウェブや業務アプリケーションの可用性とパフォーマンス監視には専用製品が提供されていることが多い。

 本ホワイトペーパーでは、ITシステムのトレンドや監視に関する注意点について記述するとともに、各種要求を満たせる監視製品 NetIQ AppManager Suite について紹介している。コストや運用効率の観点から、なぜ競合であるIBM社やHP社などの複数製品の組み合わせによる水平方式の全方位監視ではなく、AppManagerが提供する単一製品による多様な監視形態とサービスレベルへの対応を実現する垂直方式全方位型監視なのかを説明している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -