ニュース
» 2012年04月18日 11時12分 UPDATE

CTCと日本IBM、ITインフラ分野で協業強化

国内初の包括的な販売および保守サービスの提供を開始する。

[ITmedia]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)と日本IBMは4月18日、ITインフラ分野における包括的な協業を強化すると発表した。

 CTCは、IBMのUNIXサーバ「IBM Power Systems」やデータベース管理ソフトウェア「IBM DB2」の販売を強化し、オンサイト障害対応や障害調査、切り分け再現検証といったワンストップの包括的保守サービスを提供する。こうした体制は国内初という。また、他社製データベースからの移行を支援する「DB2移行アセスメントサービス」の提供も併せて開始した。

 日本IBMは、CTC向けの専任営業部門を拡充して技術面や営業面でのサポートを強化する。両社は今後3年間で50億円の売上を目指すとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ