レビュー
» 2012年04月20日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:中堅・中小企業のサーバ統合における理想的なソリューションとは?

サーバ統合が進む中、社内リソースが限られている中堅・中小企業(SMB)企業では、自社に最適なITインフラの構築は容易ではない。

[PR/ITmedia]

 中堅・中小規模(SMB)の企業における仮想化技術を利用したサーバ統合が進んでいる。ITインフラの拡張性や柔軟性が増す一方で、WebサーバやMicrosoft Exchange、MySQLデータベースなどのミッションクリティカルなシステムの処理性能に対する懸念を持つ担当者もいる。特に「人」「予算」「スキル」が限られているSMB企業の問題を解決するのは容易ではない。

 本稿ではSMB企業のサーバ統合における解決策の1つとして、ラックマウントサーバ「Cisco UCS C250 M2」とEMCジャパンの「EMC VNXe3300」を組み合わせた仮想化環境を提案。その環境でのミッションクリティカルなアプリケーションの処理能力と拡張性などをシミュレーションした結果を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -