レビュー
» 2012年04月24日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:あらゆるデータを一元的に重複排除してバックアップする時代へ

テープからディスクへバックアップ用の記憶媒体が移行する中、その容量をより削減できる重複排除ストレージの導入が進んでいる。その流れは、これまで適用が難しいとされていた小規模な環境にも広がっている。

[PR/ITmedia]

 ストレージを効率よく使う技術として、主にバックアップ分野で採用されている「重複排除(除外)」技術。データ量やネットワークコストの削減、データの長期保管などのメリットがあり、最近では遠隔地の災害対策サイト構築でも注目されている。

 バックアップ市場の主流は、テープ運用から重複排除を利用するディスクストレージへと移りつつある。その傾向は、これまで適用が難しいとされていた小規模なデータセンターや地方拠点などの分野にも着実に浸透している。本稿では、重複排除技術や、小規模環境にも対応する最新の重複排除ストレージ「EMC Data Domain DD160」の概要などを解説。さらに、実際に重複排除ストレージを導入し、バックアップ運用の効率化に成功したワコムなどの事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ