ニュース
» 2012年05月08日 07時35分 UPDATE

Google、ハングアウトのストリーミング機能「On Air」を一般公開 YouTubeでも公開可能に

Google+のライブストリーミング機能「On Air」では、Google+内だけでなく、YouTubeチャンネルやWebサイトでも放映できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月7日(現地時間)、ソーシャルサービス「Google+」のライブストリーミング機能「Hangouts On Air」を一般ユーザーに公開したと発表した。日本も対象地域に入っているが、全ユーザーが利用できるようになるには数週間かかる。

 Hangouts On Airは、Google+の一般公開時、一部の著名ユーザー向けに提供されたUstreamのようなライブストリーミング機能。昨年12月には多数のフォロワーを持つユーザーも利用できるようになっていた。

 On Airが利用できるようになると、Google+のホームページ右側にある「ハングアウト開始」をクリックすると開くウィンドウに「Enable Hangouts On Air(On Airを利用できるようにする)」というチェック項目が追加される。

 hangout ホームページの「ハングアウト開始」ボタン

 ライブストリーミングを開始すると、ハングアウトのプレーヤーがGoogle+のホームページとユーザーのYouTubeチャンネルに設置され、双方でブロードキャストできる。また、自動的に生成されるストリーミングのURLをエンベッドすることで自分のWebページなどで公開することもできる。

 ライブストリーミング中は、Ustreamと同じように何人が視聴しているかをチェックできる。

 放映したOn Airは録画され、Google+のホームページ、YouTubeチャンネル、エンベッドしたWebサイトなどで再生できるようになる。録画は編集でき、編集結果は自動的に反映される。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ