ニュース
» 2012年05月11日 13時13分 UPDATE

読売新聞社、新サービスの基盤にクラウドを採用

会員向けサービス「読売プレミアム」のシステム基盤に、NECおよびNECビッグローブのクラウドサービスが採用された。

[ITmedia]

 読売新聞社はデジタル会員サービス「読売プレミアム」のサービス基盤に、NECおよびNECビッグローブのクラウド型サービスを採用した。NECが5月11日に発表した。

 読売プレミアムは、PCやスマートフォンで、最新ニュース、紙面掲載記事、特集記事、コラムの閲覧などができるサービス。基盤に「BIGLOBE Webホスティング」を採用することで、読売新聞社は自社で専用のサーバを用意する必要がなく、導入コストを抑えながらサービスの提供を実現したほか、アクセス数や会員数が急増した場合でも、柔軟に対応可能だという。

 また、ユーザーは、専用アプリのダウンロードや定期的なアップデートが不要で、スマートフォンのOSや機種に依存せず、本サービスを利用できる点も特徴だとしている。

関連キーワード

読売新聞 | クラウドサービス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -