レビュー
» 2012年05月15日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:インメモリーテクノロジーを理解するための「6つのシナリオ」と技術解説

データ量の急激な増加を受け、企業はその膨大なデータ管理と活用に悩みを抱えている。今後一層、業務システムに対して、経営層から現場の管理職、ユーザーまでの全員が、Google検索のようなレスポンスの速さを求めるようになる。その処理速度を実現するのが、インメモリーコンピューティングテクノロジーである。

[PR/ITmedia]

 的確で精度の高い情報分析をリアルタイムで実現すれば、ビジネスを根本から革新することも可能である。ある銀行では、データ分析処理に従来45分かかっていた処理をわずか5秒に短縮し、540倍の改善効果をあげた。

 処理の速さだけではなく、ハードウェア価格は下落傾向にあり、より低価格での導入が可能となっている。

 本資料では、インメモリーコンピューティング技術が実際のビジネスシーンをどのように変えるか、具体的な6つのシナリオと技術的な特徴を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -