レビュー
» 2012年05月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:なぜ企業は超リアルタイムビジネスへの移行に踏み切れないのか? その採用障壁とは

本調査は、オックスフォード・エコノミクス社が2011年3月に、世界13カ国の525名のビジネスリーダーを対象に実施したものである。

[PR/ITmedia]

 グローバル経済の構造変化にテクノロジーの普及が加わったことで、企業の経営幹部は、絶え間なく変化するグローバル市場への対応を強いられている。こうした状況下で、企業戦略、業務プロセスを瞬時に調整できる必要があり、それによって正確な情報を即座に活用し、行動に結びつける超リアルタイムビジネス手法の採用が急務となっている。

 すでに超リアルタイムビジネス手法を採用している企業では、最も重要なメリットとして「増収」と「コスト削減」を挙げている。しかし、実際に超リアルタイムビジネスに移行する際には、いくつかの障壁を乗り越えるための周到な計画と戦略が必要になる。

 超リタルタイムビジネスに対応を始めている30%の企業が、確実なベネフィットを得ていると実感しているのに対し、まだリアルタイムビジネスへの移行に踏み切れない企業経営幹部が抱えている障壁とは何か?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -