ニュース
» 2012年05月18日 12時04分 UPDATE

距離制限なしのバックアップサービス、日本IBMが提供開始

日本IBMは距離制限をなくすことで連続可用性を確保できるバックアップサービスの提供を発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは5月18日、サーバの設置サイト間の距離制限を無くしたシステムバックアップサービス「GDPS/Active-Active」を6月30日から提供すると発表した。

 同サービスは、IBM System z向けの災害対策ソリューションを拡張して提供するもので、ソフトウェアのレプリケーション機能を採用することでサーバが設置されたサイト間の距離制限を解消。災害時に本番システムからバックサイトへの切り替えを1分以内に行うことで、連続的なシステムの稼働を支援する。

 従来はこうした連続可用性を確保しようとすると、データの転送速度の限界から本番サイトとバックアップサイトの距離が近いことが条件になっていた。国内外の広域を対象とした災害対策を検討する企業が急増し、距離の制約がないサービスをニーズが高まっているという。

 同サービスの費用は一括で4500万円(税別)から。システム構築や運用に関する料金は個別見積り。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ