ニュース
» 2012年05月23日 16時04分 UPDATE

カスペルスキー、エンドポイントセキュリティ商品をアップグレード。アプリケーションコントロール機能などを追加

前バージョンの「特定の条件下でコンピューターのパフォーマンスが低下する」などの問題にも対応した。

[ITmedia]

 カスペルスキーは5月23日、Kaspersky Endpoint Security 8 for Windows CF1(ビルド 8.1.0.831)をリリースした。

 Kaspersky Endpoint Security 8 for Windowsは、マルウェアやネットワーク攻撃などの脅威からWindowsワークステーション、およびWindowsサーバを保護するカスペルスキーの法人向けソリューションで、今回リリースされた「ビルド 8.1.0.831」では、IT部門のポリシーに従って個々のアプリケーションの起動を許可または禁止できるアプリケーションコントロール機能などが追加された。

 また、「システムウォッチャー有効時にコンピューターのパフォーマンスが低下する」「Microsoft Internet Explorerがファイアウォールにブロックされる」などの前バージョンの問題にも対応している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ