ニュース
» 2012年05月25日 07時10分 UPDATE

「Google Chrome 19」安定版のアップデートが公開、極めて深刻な脆弱性に対処

更新版で対処した計13件の脆弱性のうち、「Critical」レベルの脆弱性が2件を占める。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米GoogleはWebブラウザの安定版「Chrome 19」のアップデートを5月23日付で公開し、極めて深刻な脆弱性に対処した。OSはWindows、Mac、Linuxに対応する。

 Googleのブログによると、最新版となる「Chrome 19.0.1084.52」では計13件の脆弱性に対処した。このうち「SSLを介したWebSocketのブラウザメモリ破損問題」と「ブラウザキャッシュの解放後使用問題」の2件は、危険度が同社の4段階評価で最も高い「Critical」となっている。このレベルの脆弱性を悪用された場合、例えば細工を施したWebサイトを見ただけで、攻撃者に任意のコードを実行されてしまう恐れがある。

 残る脆弱性の内訳は、危険度が上から2番目に高い「High」が9件、下から2番目の「Medium」が2件。脆弱性情報の提供者に支払われる賞金は、Criticalレベルの情報に対する1337ドルを筆頭に、計約5000ドルが贈呈された。

関連キーワード

脆弱性 | Google | Google Chrome


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -