ニュース
» 2012年06月04日 11時57分 UPDATE

日本生命、保険契約管理システムをForce.com上に構築

セールスフォースのクラウドサービスを日本生命が導入。契約管理の効率化などを図った。

[ITmedia]

 日本生命保険は保険契約管理システムなどをクラウド環境で構築した。プラットフォームを提供したセールスフォース・ドットコムが6月4日に発表した。

 日本生命は、保険契約管理システム、および営業担当者が契約者に対して適切なサービスを提供するためのサポートシステムを、PaaS(Platform as a Service)型クラウドサービス「Force.com」上で開発した。新システムでは、1500以上の支社や拠点、保険相談窓口であるニッセイライフプラザ約100店舗における顧客の保険契約管理のほか、契約内容に応じた適切なプランや持参ツールなどの情報を営業担当者に提供する。

 これまで、営業担当者と内勤職員が紙でやりとりしていた契約状況に関する情報や、個人のノウハウで管理していた営業情報を、新システムに集約しリアルタイムに一元管理できるようになった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ