ニュース
» 2012年06月07日 13時04分 UPDATE

法人のクライアント仮想化導入率は16.6%、2012年は20.6%と予測

IDC Japanは国内クライアント仮想化ソリューション市場の分析結果を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月7日、国内クライアント仮想化ソリューション市場に関する分析調査の結果を発表した。2011年の市場規模は前年比31.7%増の2493億円、2012年は同49.5%増の3728億円の見込み。2016年まで年平均25.3%で成長し、7715億円に拡大すると予測している。

 法人向けクライアント端末における仮想化導入率は、2011年が16.6%、2012年には20.6%、2016年には46.6%まで到達すると同社はみる。2012年以降に大規模導入や追加導入案件の増加、また、Windows XPのリプレース需要が市場を拡大させる要因という。

 Windows XPは2014年にサポート切れることから、このタイミングでXPのアプリケーションを仮想化環境へ移行したり、Windows 7/8への移行の代わりにクライアント仮想化環境を検討したり動きがあるという。またDaaS(Desktop as a Service)、モバイル端末への仮想化といった動きも加わるとみられ、クライアントデバイスにユーザーが認識しないレベルでの仮想化技術が組み込まれ、浸透していくという。

 クライアント仮想化ソフトウェア市場では2011年の出荷ライセンス数が、前年比27.6%増の94万ライセンスとなった。2012年は同44.9%増の136万ライセンス、2016年には同20.1%増の302万ライセンスまで増加すると予想する。2011年〜2016年の年平均成長率は26.2%で、特にデスクトップ仮想化の同期間における年平均成長率は52.0%、2016年には177万ライセンスに達し、クライアント仮想化の中で58.8%を占める見込みだとしている。

tkidc002.jpg 出典:IDC Japan

関連キーワード

IDC | デスクトップ仮想化 | 成長率


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -