ニュース
» 2012年06月21日 14時50分 UPDATE

中堅・中小向け販売管理システムを発表 富士通

富士通および富士通マーケティングは、販売や在庫管理など18種類の機能を標準装備する販売管理システムを中堅・中小企業向けに提供する。

[ITmedia]

 富士通および富士通マーケティング(FJM)は6月21日、中堅・中小企業向けに販売管理システム「GLOVIA smart きらら 販売」を発表した。今年10月から提供開始する。

 新製品は、販売、購買、債権債務、在庫管理など18種類の機能を標準で用意することで、従来のパッケージ製品に比べて短期間、低コストでの導入を実現する。カスタマイズにも柔軟に対応。開発手順のナビゲーション機能や、部分的なプログラムの自動生成機能などを装備した専用開発ツールにより、企業独自の業務要件や事業拡大に伴うシステム変更が容易になる。

 共通基盤を採用する同社の会計システム「GLOVIA smart きらら 会計」や、人事給与システム「GLOVIA smart きらら 人事給与」と連携することで、経営データの統合管理が一元化できる。

 ライセンス価格は、スタンダード版が1サーバあたり150万円(税別)から、1ユーザーあたり5万円から。今後3年間で1000社への販売を目指す。

「GLOVIA smart きらら 販売」の導入イメージ 「GLOVIA smart きらら 販売」の導入イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -