レビュー
» 2012年06月25日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:北國銀行も導入を決めた! 業務改革を支援するグループウェア、ワークフローとは?

生産性を高めるためには、「起案書、議事録、報告・申請等各種書類の回覧・決裁の電子化」や「全社レベルの情報共有化・見える化」、「業務の効率化と意思決定の迅速化」等の実現が必要。この3つのポイントを実現するための具体的な解決方法を北國銀行の事例を交えて解説。

[PR/ITmedia]

 北國銀行は業務改革の一環として、生産性をこれまでの2倍に向上させる取り組み(生産性2倍運動)を実施している。生産性を高めるためには、「起案書、議事録、報告・申請等各種書類の回覧・決裁の電子化」や「全行レベルの情報共有化・見える化」、「業務の効率化と意思決定の迅速化」等の実現が必要だと判断。システムインフラの見直しを行い、グループウェア、ワークフローシステムの刷新を行い、最終的に「POWER EGG2.0」の導入を決めた。

 本資料では、業務改革するためのグループウェア、ワークフローとして、「POWER EGG2.0」を選定した理由や、製品概要や特長を運用イメージと併せて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ