ニュース
» 2012年07月09日 13時15分 UPDATE

EDIによる業務システム連携で協業、キヤノンITSとスーパーストリーム

キヤノンITSのEDIツールとスーパーストリームの経営管理ソフトを連携させ、ユーザーのデータ活用を支援する。

[ITmedia]

 キヤノンITソリューションズとスーパーストリームは7月9日、EDIツールおよび経営管理ソフトの両社製品の連携を図るソフトウェア製品「EDI-Master TRAN for ANYs SuperStream-NX対応版」を発売した。

 新製品は、キヤノンITソリューションズのデータフォーマット変換ソフト「EDI-Master TRAN for ANYs」と、スーパーストリームの経営管理ソフト「SuperStream-NX統合会計(GL:財務会計、AP:支払管理、AR:債権管理)」との連携を図るもの。変換テンプレートを標準装備し、SuperStream-NXのGL・AP・ARの標準フォーマット(CSV形式)とユーザーのシステム間の相互連携や、データ項目の並べ替え・分割・結合、各種の演算処理、コード変換が行える。

 データ変換の定義の作成はGUIで作業できるほか、データベースではCSV、MS-Access、SQL Server、Oracleに対応。SuperStream-NX 以外の社内外システムとの連携にも利用できるという。

 製品価格は50万円、年間保守サービスは4万5000円となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ