ニュース
» 2012年07月10日 15時35分 UPDATE

導入事例:佐賀県庁、海外向けプロモーションの支援システムをForce.comで構築

佐賀県庁は、国内外の拠点でプロモーション活動の情報を共有できるシステムをセールスフォースのクラウドサービスで構築した。

[ITmedia]

 佐賀県庁は、国内外の拠点で県のプロモーション活動情報を共有できるシステムをクラウド上に構築した。クラウドサービスを提供したセールスフォース・ドットコムが7月10日に発表した。

 新システムは、セールスフォースのPaaS(Platform as a Service)型クラウドサービス「Force.com」上に構築。海外拠点での活動情報や顧客情報などをクラウド上に集約し、佐賀県内の本庁と共有できるようにしたほか、iPadなどのモバイル端末からもデータにアクセスできるようにした。さらに法人向けSNS「Salesforce Chatter」の活用で、国内外の職員がリアルタイムにコミュニケーションできるようにしたという。

 新システムの開発はプライム(佐賀市)が担当し、約6週間で本稼働を開始した。

 佐賀県は2011年10月に中国・瀋陽と香港に現地事務所を開設するなど、東アジアを中心とした経済的・人的交流の取り組みを進めている。県産品の海外販路の開拓や外国人観光客の誘致などのプロモーション活動の効率化を目指し、導入期間の短さや実績などを考慮してForce.comの採用を決めたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -