ニュース
» 2012年07月11日 13時17分 UPDATE

産業別IT支出がプラスに転じる、成長率は鈍化

IDC Japanによれば、2011年度は東日本大震災の影響でマイナスになったが、2012年以降はプラスに転じると予測する。

[ITmedia]

 IDC Japanは7月11日、国内産業分野別IT市場の2011年下半期の分析と2012年〜2016年の予測を発表した。東日本大震災の影響下で2011年はマイナスになったが、2012年は復興財政支出や金融緩和策などを背景にプラス転じると予測する。

 2012年の国内IT市場規模は、前年比1.1%増の13兆2452億円、ほぼ全ての産業分野で回復するという。2011年〜2016年の年間平均成長率は0.4%で、2016年に13兆3519億円になるとみる。

 分野別の2012年の市場規模は、震災や電力不足の影響を受けた組立製造が0.7%増の1兆3336億円、プロセス製造が0.9%増の7057億円と予測。国内消費の低迷や円高などからIT支出の伸びは鈍化するという。一方、情報サービスでは1.8%の7535億円、官公庁では1.4%の7504億円になるとし、データセンター需要や震災復興、税/社会保障共通番号制度の導入などが追い風になると分析している。

tkidc01.jpg 国内IT市場 主要産業の前年比成長率の推移予測、2011年〜2014年、出典:IDC Japan

関連キーワード

IDC | IT投資


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ