レビュー
» 2012年07月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMwareとNetAppが実証! 300〜1500名規模の共有インフラ基盤の構築に求められる4つの要素とは?

VMware Viewを中心としたビジネスアプリケーションを統合した柔軟で低コストなIT基盤構築には検証をベースにしたシステム設計が必須であり導入への大きな足かせになっている。このガイドではそうした環境の検証を通して規模別にベストなシステムを提案している

[PR/ITmedia]

企業は仮想化技術により、ITインフラをクラウド化し柔軟で低コストな基盤構築を検討している。しかし、下記の要件を満たすシステム設計は、その構成機器の複雑さ、選択肢の広さから困難を極める状況にある。

1. VMware View/Exchange/SQL等ビジネスアプリケーションを混在させた際のそれぞれのアプリケーションパォーマンスを担保しユーザの生産性を犠牲にしないこと

2. 統合されたシステムとして耐障害性に優れていること

3. 複雑で負荷のかかる管理が不要であること

4. 多数のユーザが共有するITインフラとしてセキュアな管理がされていること

上記を満たす環境を事前検証・サイジングすることは非常に難しい。

そこで、本ガイドでは、実際に検証した結果、機器選定・設定を含めたIT基盤構築のベストプラクティスを提唱している。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -