レビュー
» 2012年07月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:自社に最適なグループウェアの選定ポイント

ビジネスの根幹を担うグループウェア。そのため、企業の体制や重視するポイントに適した導入形態を選択する必要がある。

[PR/ITmedia]

 市場には数多くのグループウェアが存在する。スケジュール管理やWebメール、ワークフローなどさまざまな機能が搭載され、現在ではASP形式で提供されたり、携帯電話/iPhoneなどのスマートフォンからもアクセス可能になるなど、その提供形態や利用シーンも多岐にわたる。

 企業担当者はその選定に当たり、自社の体制や重視する項目に適した導入形態を選択するべきだ。

 特に、中堅・中小規模の企業にとっては導入・運用コスト、外部サービスとの連携機能、システム管理負担などの点が重視されることが多いだろう。また最近、緊急時や災害発生時の事業継続性への関心も高まっており、その際でも十分に機能するグループウェアが求められている。

 本稿では上記の点を踏まえ、より多くの企業のニーズに合致するグループウェアを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -