ニュース
» 2012年07月31日 15時06分 UPDATE

ブルーコート、企業ユーザー向けにモバイルアプリ制御機能をリリース

企業ネットワークに接続するモバイル端末のアプリを適正な利用を促せるようになる。

[ITmedia]

 ブルーコートシステムズは7月31日、セキュリティ対策機能の「モバイルアプリケーションコントロール」を発表した。企業ネットワークに接続するモバイル端末のアプリケーションがもたらすセキュリティリスクに対処できるという。

 新機能ではモバイルアプリケーション上の挙動を企業のセキュリティポリシーやルールに基づいて管理、制御できるようにする。例えば、位置情報を取り扱うアプリからの機密情報の漏えいを抑止したう場合は、ネットなどへの書き込みを禁止して、閲覧は許可するといったポリシーを設定できる。Webアプリケーションでも同様の制御が可能になっている。

 同社の「Blue Coat ProxySGアプライアンス」を利用し、サポート契約中でWebFilter機能を利用中のユーザー企業などでは追加料金なしでモバイルアプリケーションコントロールを利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ