ニュース
» 2012年08月13日 11時00分 UPDATE

シマンテック、Android対応の法人向けモバイルセキュリティ製品を発売

シマンテックが法人向けモバイルセキュリティの新製品を発売。Windows MobileおよびAndroidに対応する。

[ITmedia]

 シマンテックは8月13日、法人向けモバイルセキュリティ製品「Symantec Mobile Security 7.2」を発売した。同社の代理店経由で販売し、ライセンス価格は1デバイス当たり3700円。購入後1年ごとに600円の保守料が別途かかる(全て税別)。

photo Android端末上でのウイルススキャン画面

 新製品は、マルウェア対策、端末の紛失・盗難対策、悪質サイトへのアクセス制限、複数の端末の統合管理機能を備えるセキュリティ対策ソフト。Android 2.2以上/Windows Mobile 6.0以上を搭載したスマートフォンやタブレット端末に対応する。

 マルウェア対策では、端末にインストールする全てのアプリケーションを自動でスキャンし、悪質なアプリケーションやスパイウェアを削除する。多くのAndroid端末が備えるmicroSD/SDHCカード内のデータもスキャンするほか、管理者が指定したアプリケーションの使用を禁止/許可する「ブラックリスト」「ホワイトリスト」機能も備えた。

 端末の紛失・盗難対策では、端末の操作を遠隔からロックする「リモートロック」機能や、端末内のIDやデータを遠隔消去する「リモートワイプ」機能を搭載。また、端末のGPS機能を使って端末のある場所を特定する「リモート検索」機能も搭載している。

 同社の金野隆氏によれば、新製品の最大の特徴は「管理機能」という。ユーザー企業は管理サーバにエージェントを導入すれば、PCの管理コンソール上で複数のモバイル端末の管理もできる。具体的には、端末への脅威情報を分析してレポーティングしたり、セキュリティポリシーを順守していない端末を特定したりできるという。

photophoto 管理コンソール画面(左)、複数の端末のステータスをPC上で確認できる
photo 金野隆エンタープライズ セキュリティプロダクト マーケティングマネジャー

 また、ウイルス定義ファイルの一斉配布やバージョン管理、ネットワークの使用帯域の制限なども行えるほか、セキュリティ対策の手順を定義して自動で実行するワークフロー管理機能「Symanctec Workflow」も提供する。

 「モバイル端末を業務利用している企業は、MDM(モバイル端末管理)ソフトとマルウェア対策製品を併用している場合が多い。だが、その方法ではマルウェアの動向が分からないため、結果的にアプリの利用を厳しく制限せざるを得なかった。Symantec Mobile Security 7.2なら、ここ数日で“悪さ”をしているマルウェアに感染した端末だけを検出し、最低限の管理を実現できる」と金野氏は説明する。

 同社は併せて、MDM製品の新バージョン「Symantec Mobile Management 7.2」を発表した。同製品は、2011年に発売したSymantec Mobile Management 7.1の各種機能はそのままに、新たにAndroid OSにも対応させたという。

変更履歴:当初「Symantec Mobile Security 7.2」がiOSにも対応するとしていましたが、対応しておりません。お詫びして修正いたします。[2012/8/15 12:10]

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ