ニュース
» 2012年08月22日 13時10分 UPDATE

マカフィーのウイルス定義ファイルに不具合、復旧対応を急ぐ

マカフィーが配信したウイルス定義ファイルの不具合で、ネット接続の障害やコンピュータの機能が使用できなくなるなどトラブルが生じた。

[ITmedia]

 マカフィーは8月22日、同社が個人および法人の製品ユーザー向けに配信したウイルス定義ファイルに不具合があったことを明らかにした。一部のユーザーの間でインターネット接続やコンピュータの機能利用ができなくなるなどの障害が発生しており、復旧対応を進めている。

 同社によると、原因となったウイルス定義ファイルのバージョンは「6807」と「6808」。不具合を確認したのは18日で、その後に配信した「6809」以降で問題を解決したとしている。

 影響を受けたのは個人向けのアンチウイルス製品と企業向けの「McAfee VirusScan Enterprise」のユーザー。対応策として、個人ユーザーは製品のアンインストールとPCの再起動を行ってから改めて製品を再インストールする、法人ユーザーは「6809」以降の定義ファイルとHotfixを適用する必要がある。

 同社は、「お客様のPCを復旧して正常な状態にすることを最優先に取り組んでおります。今後も本件に関する対応について情報を随時更新し、復旧に努めて参りますので、ご確認をお願いいたします」とコメントしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -