ニュース
» 2012年08月23日 16時11分 UPDATE

富士通、新ブランドによる物流ソリューションを発表

富士通は物流業界向けの新たなソリューション「Logifit」シリーズの提供を開始する。

[岡田靖,ITmedia]

 富士通は8月23日、ロジスティクスソリューションの新ブランド「Logifit」シリーズおよび、その第一弾製品「Logifit/LM-物流KPI」を発表した。「Logifit/LM-物流KPI」は同日から販売を開始している。

 「Logifit」は、同社がこれまで「LOMOS」「WebSERVE/物流」「TRIAS」の3ブランドで提供してきたロジスティクス関連ソリューションを一本化し、新ブランドとしたもの。ブランド統合だけでなく、基盤を共通化して物流現場のデータの一元管理を実現し、データの分析結果を物流業務全体のマネジメントの強化に役立てられることを目指したという。富士通はグループ企業を含めた約400人の専任体制を整えてソリューション提供にあたる。

yokfjt01.jpg Logifitシリーズの構成。Logifit/LM-物流KPIIは、LMS(ロジスティクス管理システム)に相当する。WMS(物流センター管理システム)は2013年度第2四半期末、TMS(輸配送管理システム)は2013年度第4四半期末に、それぞれ発売する予定

 「Logifit/LM-物流KPI」は、物流業務に特化した重要業績評価指標の(KPI)分析パッケージ。物流現場の実績情報や基幹システムからの情報をもとにKPIを分析することで、物流業務の見える化を実現し、コスト削減や品質向上といった改善活動に役立つという。

yokfjt02.jpg Logifit/LM-物流KPIにおける画面遷移。KPIを集約して重要情報などのアラームを示す「ダッシュボード画面」から、ピックアップした数値を時系列でグラフ化する「BI画面」、特定項目を深掘りして問題の原因を探る「ドリルダウン画面」の各機能へアクセスする

 Logifit/LM-物流KPIは、「売上高対作業コスト比率」「売上高対輸送コスト比率」といった、物流業務のコストや品質を分析する各種KPI項目が標準で設定されている。各KPIの異常値発生を記号で分かりやすく示し、そのKPIの動向をグラフで表示したり、取引先や営業拠点、担当者個人など細かなレベルまでドリルダウンできる。また、物流現場ユーザーに操作しやすい画面設計としたほか、利用者ごとに表示するKPI項目を設定でき、現場から経営層まで立場に応じて必要なKPIを容易に確認できるようになっているという。

yokfjt03.jpg 画面イメージ。ダッシュボード画面では、各KPIの目標・実績の数値に加え、目標に対する実績の評価を記号でも表示できる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -