ニュース
» 2012年08月23日 17時07分 UPDATE

導入事例:楽天がネットワーク基盤を刷新、機器台数を半分以下に

楽天はA10ネットワークスのロードバランサを採用して、機器台数を従来の半数以下に集約した。

[ITmedia]

 楽天がインターネットサービス基盤でのネットワークインフラを刷新し、機器台数を従来の半数以下に集約して運用の効率化を図った。これを支援したA10ネットワークスが8月23日に発表した。

 楽天ではトラフィックの増加に合わせてシステムを拡張してきたが、機器台数の増加がメンテナンス工数の増加につながり、管理コストやラックスペース、電源コストの増大化を招いていた。このためロードバランサを変更、複数製品の比較検証からA10ネットワークスのロードバランサ「AX 2600GF」を採用して、数十Gbpsのトラフィックを処理するようにしたという

 その結果、機器台数が半数以下になり、管理負荷が大幅に軽減されたという。今後は従来の3分の1の台数にまで集約を進める予定だとしている。

関連キーワード

ネットワーク | 楽天 | 負荷分散


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ