レビュー
» 2012年08月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:インターネット広告の効果を最大化するには?

戦略的なネット広告を展開して収益を高めるには、スピーディかつ正確な意思決定が求められる。そのためには、広告の効果を測定し、データを検証して戦略を見直す取り組みが欠かせない。「アドエビス」の機能解説を通して、広告効果の最大化を実現する方法を考える。

[PR/ITmedia]

「アドエビス」の基本機能は大きく6つ。この6つはネット広告の効果を測るうえで欠かせないポイントでもある。

1)直接効果測定:獲得単価(CPA)はもちろんのこと、広告ごとの滞在時間や閲覧ページ数など、豊富な機能で広告の効果を分析する

2)間接効果測定:直接的には繋がらず、間接的にコンバージョンに繋がった広告の効果を測定。バナーなど認知に強い広告の効果測定に有益である

3)コンバージョン属性:コンバージョンのユーザーIDや購入金額、購入商品などと広告を紐づけ、より詳細な広告効果分析を実現する

4)地域・時間帯別集計:アクセス元の地域を県別で判定したり、日別・月別・曜日別などご希望の期間に絞り込んだ集計結果を表示する

5)モバイル対応:アドエビスは、モバイル広告にも標準対応。サーバやキャリアに依存せずに測定ができる

6)APIによるマッシュアップ:アドエビスの管理画面でご利用いただいている効果測定データやアクセス解析データを、他システムで利用することも可能である

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -