レビュー
» 2012年08月30日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:アジャイル開発手法「スクラム」が注目される理由

本ホワイトペーパーでは、アジャイル開発手法「スクラム」の特徴を従来のウォーターフォール型開発との対比から明らかにするとともに、Team Foundation Server 2010を使った具体的なプロジェクト管理手法を学ぶ。

[PR/ITmedia]

 ソフトウェア開発は、多くの知識を凝縮した極めて複雑な作業だ。このために、ソフトウェア開発においては、納期の大幅な遅延、開発費の大幅な予算超過が起こりがちである。

 この困難を克服するために、ソフトウェアエンジニアリングにおいて、昔から多くの改善の努力がなされてきた。ソフトウェア開発のプロセスとして1970年代から提唱されてきた「ウォーターフォール」から2000年以降は「アジャイル開発」へと進展を遂げ、現在そのアジャイル開発を本格的に開発プロセスに取り入れる動きが急速に高まりつつある。

 本ホワイトペーパーでは、「スクラム」をベースとしたアジャイル開発プロジェクトの運営手法を、Team Foundation Server 2010(TFS 2010)を例題として解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -