ニュース
» 2012年08月30日 12時19分 UPDATE

エンタープライズアプリケーション市場は堅実に成長する見込み――IDC調査

エンタープライズアプリケーションおよびビジネスインテリジェンスの両市場は2016年までに年平均4.0%の拡大が見込まれるという。

[ITmedia]

 IDC Japanは8月30日、エンタープライズアプリケーション(EA)およびビジネスインテリジェンス(BI)のパッケージ市場における2011年の分析および2016年までの予測調査の結果を発表した。

 それによると、2011年の国内の両パッケージ市場規模は前年比3.9%増の3037億6000万円だった。東日本大震災でサプライチェーンの脆弱性や、市場競争に対応するための顧客関係管理の強化が課題として浮き彫りになり、SCMで前年比5.6%増、CRMで同8.1%増になった。BIも同4.4%増となったものの、成長の鈍化傾向がみられたという。ベンダーではSAPが前年比2けたの成長を遂げ、市場をけん引した。

 市場別のトップシェアベンダーは、CRMパッケージではセールスフォース・ドットコム、マーケティング市場ではSAS Institute、カスタマーサービス市場ではSAPとなり、SCMパッケージ市場では在庫管理、物流管理、生産計画の各機能市場でSAPが首位を堅持した。BIツール市場ではエンドユーザークエリ−/レポーティング/アナリシス機能市場でSAP、アドバンスドアナリティクス市場ではSASが首位だった。

 ERMパッケージ市場は同2.3%増の1598億9600万円となり、その中では会計パフォーマンス/戦略管理の2011年〜2016年の年平均成長率が4.1%と、ERM市場の伸び代になると同社ではみている。ERM市場はSAPが首位、会計パフォーマンス/戦略管理ツール市場ではOracleが首位となった。

 EA/BI市場の2011年〜2016年の年平均成長率は4.0%で堅調に推移すると予測。特にCRMパッケージは同5.1%で高い成長を維持すると見込む。

 国内市場は欧米市場と比較すると成長率は低く、さらに、システム管理ソフトウェアと比べると世界における日本の市場占有率は小さいといい、EA/BIパッケージの活用、ITシステムを独自に開発することで、業務の効率化は既にできていると考える経営層が多いことが背景にあるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -