レビュー
» 2012年08月31日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:【事例】約20%の開発生産性向上を実現した開発環境とは

拠点間をシームレスにつなぎノウハウとスキルを集約することにより、お客様への最新のソリューションを高い品質で効率よくスピーディーに提供する開発環境を構築した、北陸コンピュータ・サービス株式会社の事例を紹介。

[PR/ITmedia]

 北陸コンピュータ・サービス株式会社では、北陸に展開する4つの開発拠点のノウハウとスキルを集約し、お客様へ「最新のソリューション」を高い品質で効率よく、スピーディーに提供するための開発環境構築を計画。拠点間をシームレスにつなぐ開発環境の実践と最新のテクノロジーに取り組むことのできる Visual Studio 2010 Ultimate with MSDNおよびVisual Studio Team Foundation Server 2010を導入することによって、徹底した品質管理を行いながら開発生産性を約20%向上させ、同時にBCPへの対応強化も実現した。

 さらに最新のボリューム ライセンスプログラムであるMicrosoft Enrollment for Application Platform (EAP)を活用し、ライセンス数やバージョンに縛られることのない、柔軟で理想的な開発環境を実現している。

 本ホワイトペーパーでは、ソフトウェア開発の現場において課題とされる「品質管理」「生産性向上」ならびに「コスト削減」などの課題を解決するヒントを紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -