レビュー
» 2012年09月03日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:【徹底検証】Oracle Databaseベストプラクティスが満たす最適なデータベース環境のための6つの鉄則とは?

複雑化したシステムと肥大化する運用コストとデータ。企業にとって社内に散在するOracle Databaseを、いかに堅牢に、高速に。そして経済的にするかが急務です。 NTTデータ先端技術が徹底検証をもとに最適なOracle利用とその移行方法を検証を通じて紹介する。

[PR/ITmedia]

今日の企業を取り巻く環境において、社内外に散在する大量データをいかに迅速かつ安定的に処理し、新たなビジネスチャンスを逃さないようにするかが重要だ。それらを支えるITも、高度化するサービスレベルの要求に応えながらビジネスの成長に俊敏に対応する柔軟性が求められている。

オラクルのプロフェッショナル集団を有するNTTデータ先端技術では、理想的なデータベース環境実現のために徹底検証を行い、最適なシステムとサービスを提供する。

以下の課題を持つ方は、是非ご一読ください!

  • Itanium版のOracleに困っている
  • 膨れ上がる運用・保守費用に困っている
  • 問題発生時に、たらいまわしにされ困っている
  • データ爆発の対応に困っている
  • 迅速にシステム構築できないで困っている
  • 目的ごとに設計から検証ばかりしていてコストがかかり困っている
  • システムパフォーマンス劣化に困っている
  • 将来性のあるシステムを描ききれず困っている
  • サーバー選定に困っている
  • Oracleの古いバージョンに困っている
  • 移行時にシステムを止めずに行いたいが方法が見いだせずに困っている

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ