ニュース
» 2012年09月05日 11時50分 UPDATE

日立とSAPがモバイルデバイス管理分野で協業

共同でMDM関連サービスを開発していくことを日立およびSAPジャパンが発表した。

[ITmedia]

 日立製作所とSAPジャパンは9月5日、モバイルデバイス管理(MDM)分野で協業すると発表した。関連サービスを共同開発するなどして市場に提供していく。

 スマートフォンやタブレット端末などを管理するSAPジャパンのMDMソフトウェア「SAP Afaria」をベースに、日立の運用管理システム「JP1」と連携したMDMサービスを開発。まずは今年10月に国内市場へ提供する予定だ。

 協業に伴い、SAP本社のAfaria開発部門に日立向けの技術支援窓口を設置し、技術的な検証、評価や今後のロードマップの共有などを行うほか、日本市場特有のニーズやAfariaに関する要望をSAP本社にフィードバックする体制を構築する。

関連キーワード

SAP | 日立製作所 | MDM


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -