ニュース
» 2012年09月06日 12時20分 UPDATE

日立、クラウド連携ファイルストレージにエントリーモデルを追加

「Hitachi Virtual File Platform」に、内蔵容量を最大36テラバイトとしたエントリーモデルを追加する。

[ITmedia]

 日立製作所は9月6日、ファイルストレージの仮想ファイルプラットフォーム新製品「Hitachi Virtual File Platform 80」を7日に発売すると発表した。内蔵HDDの容量が最大36テラバイトのエントリーモデルとなる。

tkhitc01.jpg Hitachi Virtual File Platform 80

 新製品は、現行モデルに比べて7.5倍の容量を搭載。搭載HDDにはニアラインSAS HDDを採用し、キャッシュとして保存できるデータ容量が拡張され、より高速なデータアクセスも実現した。筐体幅は2Uサイズ。ウィザード形式のGUIによって、10分程度で装置の初期設定を完了できるという。

 製品価格はシングルノード構成の場合で209万2650円からとなる。

関連キーワード

日立製作所 | ストレージ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ