レビュー
» 2012年09月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:財務/会計/経理/総務部を中心に聞く、請求書発送業務に関する調査レポート

取引先への請求書発送業務。社内工数とコストが掛かっているのが分かっていながら 従来の慣習もあり、郵送以外の手段に踏み切れていない企業も多いのが実情である。 今回は調査リポートから発送業務の現状を読み取り、改善策を探ってみる。

[PR/ITmedia]

帳票の電子化が進む中、「請求書」に関しては郵送で行っている企業が圧倒的に多い。

郵送でなければ困るという取引先が多いのは確かだが、逆に電子化を望む取引先がいるのも事実である。

郵送のデメリットは

  • コストがかかる
  • 手元に届くまでにタイムラグがある
  • 自社作業の場合、工数がかかる

などがあるが、それらを解決する手段が電子化だ。だがB2Bでは100%の電子化は難しい。

本ホワイトペーパーでは、弊社で実施したネットリサーチから請求書発送業務の実態を読み解きたい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ