ニュース
» 2012年09月20日 11時37分 UPDATE

Microsoft、Windows 8向けエルゴノミクスキーボードを発表

Microsoftが、同社伝統のエルゴノミクスキーボードのWindows 8対応版を発表した。価格は59.95ドルで間もなく発売だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは9月19日(現地時間)、10月26日に発売予定の次期OS「Windows 8」および「Windows RT」に対応する新しいエルゴノミクスキーボード「Sculpt Comfort Keyboard」を発表した。Microsoftのオンラインストアおよびその他の小売店で“間もなく”発売する。価格は59.95ドル。

 keyboard Sculpt Comfort Keyboard

 同社は7月に、タブレット向けの携帯性の高いマウスとキーボードを発表しているが、Sculpt Comfort Keyboardはビジネス向けのフルサイズキーボードだ。USB接続も可能な無線(2.4GHz)キーボードで、日本語対応も用意されている。サイズは453×213×33ミリで重さはバッテリーを含めて807グラム。

 同社伝統の人間工学に基づく曲線的な形で、パームレストは着脱可能だ。大きな特徴の1つはスペースバーで、2つに分かれており、左半分をバックスペースキーに割り当てられるようになっている。7月に発表したキーボードと同様、「チャーム」などのWindows 8のショートカットキーも搭載する。

 Windows 7、Windows Vistaでも使えるが、Windows XPはサポートしない。

 Keyboard 2 上から見たところ
 keyboard 3 横から見たところ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ