ニュース
» 2012年09月26日 15時48分 UPDATE

オラクル、データ統合製品「GoldenGate」の最新版をリリース

「Oracle GoldenGate 11g R2」では大容量システムやグローバル環境への実装、異種プラットフォーム対応などが強化されている。

[ITmedia]

 日本オラクルは9月26日、データ連携・統合ソリューション製品の最新版「Oracle GoldenGate 11g Release 2」の提供を開始した。

 Oracle GoldenGateは、データベースの移行や統合のほか、リアルタイムなデータ連携を可能にするためのミドルウェア製品。OracleのほかMicrosoft、IBM、Sybaseなど複数ベンダーのデータベース製品に対応する。

 最新版では大容量で高スループットの環境でも変更データを効率的にキャプチャする「Integrated Capture」機能を搭載するほか、Oracle Database 11gやExadataの圧縮オブジェクトのキャプチャが可能になった。また、競合の検出や解決に要する時間を短縮する「Conflict Detection and Resolution」を搭載する。

 このほか、米国政府が推奨する暗号アルゴリズム「FIPS」やUnicodeをサポート。Oracle GoldenGateをマルチバイトのUnicode文字セットを使用するデータベースに実装してデータキャプチャができるようになっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -