レビュー
» 2012年09月27日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:事例:仮想化によるレガシーシステムのオープン化とバックアップ体制構築の裏舞台

ホスト系とオープン系のシステムが混在し、保守と運用に苦心していた江戸川区は、全システムを共通基盤に集約することで解決。残る課題は、複雑なバックアップ体制の構築。江戸川区の選択とその理由とは?

[PR/ITmedia]

 1960年代からコンピュータ導入を推進してきた江戸川区は、その歴史故に約120ものシステムを抱え、設備の複雑化と保守・運用の負荷増大に悩んでいた。そこで江戸川区はサーバ仮想化を駆使し、ITシステムを共通基盤に集約してデータセンターへ移設。これにより運用管理の統合化を実現した。

 問題は、バックアップ体制の構築。仮想化やマルチOS対応といったアーキテクチャ面だけでなく、システムごとに異なるバックアップ許容時間などの事情があった。土日や夜間に行う業務も増え、必ずしも夜間にのんびりバックアップできるわけではない。これらの要件を単一のツールで管理することは可能なのか?

 本ホワイトペーパーでは、江戸川区が共通基盤を構築した背景、バックアップ製品の選定とその理由、大幅に刷新された現在の運用状況について、担当者の生の声を読むことができる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ