ニュース
» 2012年10月02日 15時09分 公開

2012年のデータセンターアウトソーシング市場は9.9%増の見込み

IDC Japanは国内データセンターアウトソーシング市場の最新予測を発表した。

[ITmedia]

 IT調査会社のIDC Japanは10月2日、データセンターアウトソーシング(顧客企業の情報システムを事業者のデータセンターで監視・運用するサービス)市場の最新予測を発表した。2012年は前年比9.9%増の1兆1298億円が見込んでいる。

 2011年〜2016年の年平均成長率は7.6%。この背景には東日本大震災以降、災害対策としてITインフラの運用体制やバックアップ体制の強化を図る企業が増えていることが挙げられるという。また、事業者によるデータセンターの新設も相次ぎ、市場の成長を促進すると同社ではみる。

 2012年〜2013年は、サーバの設置スペースを貸し出す「コロケーション」サービスなどが大きく成長すると分析。事業者が所有するサーバを顧客に貸し出す「ホスティング」サービスは、コロケーションサービスを上回るペースで成長すると予測する。ホスティングサービスは、2013年以降にクラウドサービスが企業の基幹業務システムのサーバ運用にも浸透していく中で広がるとみられている。

 地域別の予測では東京都で今後も全国平均を上回るペース(2011年〜2016年の年平均成長率8.7%)で市場が拡大すると予想。中国/四国地方(同10.6%)や北海道/東北地方(同8.7%)でも、複数の大型データセンターの建設が進んでいるため、東京と同等もしくはそれ以上の成長率で市場が拡大するだろうとしている。

 ITサービス リサーチマネージャーの伊藤未明氏は、「データセンター事業者が成功するためにはサービスメニューの拡充などに加え、運用実績や顧客との信頼関係の構築を含むサービス品質が重要になるだろう」と話している。

国内データセンターアウトソーシング市場 2009年〜2016年(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -