ニュース
» 2012年10月03日 08時15分 UPDATE

Oracle、「Exalogic Elastic Cloud」の最新バージョンをリリース

アプリケーションプラットフォームマシンの最新モデルとなる「Oracle Exalogic Elastic Cloud X3-2」を発表した。

[ITmedia]

 Oracleは10月2日(米国時間)、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「Oracle OpenWorld」でアプリケーションプラットフォーム製品の最新モデルとなる「Oracle Exalogic Elastic Cloud X3-2」を発表した。

 Exalogic X3-2ではSR-IOVやサーバ仮想化、物理RAMの拡大(Full Rack構成で7.7テラバイト)により、集約密度を最大で60倍に拡大。インテル Core Xeon(Sandy Bridge)プロセッサの採用で、アプリケーションの性能が以前のモデルの3.5倍に向上した。CPUコア数は従来比33%増の480コアに強化されている。

 こうしたハードウェアの大幅な強化に加え、ソフトウェアでは「Oracle Exalogic Elastic Cloud Software 2.0」や「Oracle Enterprise Manager 12c」を搭載しており、アプリケーションからディスクまでの包括的な管理が可能という。同製品をIaaSとして活用することで、アプリケーション展開の時間を最大で95%削減されるとしている。

 同社の「Trusted Partitions ライセンス・モデル」に完全対応する。Oracle Exalogic X2-2との互換性も完全に確保しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -