レビュー
» 2012年10月09日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:システムまるごと! 後付けできるサーバの災害対策

洪水や地震、それに伴う火災など自然災害への備えとしてバックアップは重要です。しかしそれ以上に重要なのは、いざという時、迅速かつ確実にサーバを復旧できるかということです。サーバイメージをまるごと遠隔地に送り、迅速な復旧を行う方法を解説します。

[PR/ITmedia]

 CA ARCserve D2Dは、異なるサーバへのベアメタル復旧を標準機能でサポートするイメージバックアップソフトウェアです。

 災害によってサーバ全体が破損したとしても、ARCserve D2Dを使えばカンタンに代替機へシステムを復元することが出来ます。

 またD2Dで取得したイメージバックアップのデータをCA ARCserve Replicationというレプリケーション製品で遠隔地にデータ複製することで、災害時の迅速な復旧を可能にします。

 ARCserve ReplicationはWAN環境での使用を想定して作られたソフトウェアで、ネットワークの瞬断が発生してもデータの複製を継続出来るほか、必要な帯域幅を分析するアセスメント機能や帯域制御機能などを備えておりますので、安心・確実に遠隔地へデータ複製をすることが可能となります。

 本ホワイトペーパでは、CA ARCserve D2D と Replicationで実現する『災害対策ソリューション』の構築をインストール、設定から、復旧まで、ステップバイステップで解説しています。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -