レビュー
» 2012年10月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:IPv6移行の現実解──負荷分散装置を起点としたIPv6マイグレーション

喫緊の課題となっている企業も多いIPv6移行。既存インフラを活用し、負荷分散装置(ADC)を起点とした移行プランが現実的なアプローチとなるだろう。

[PR/ITmedia]

 IPv4アドレスが枯渇した今、IPv6へのマイグレーションを考えている企業は多いだろう。しかし、どこから手を付けて良いのか悩ましいのが実情ではないだろうか。喫緊の大きな課題となってるIT管理者も少なくないだろう。

 このホワイトペーパーでは、5000台の導入実績を誇るコヨーテポイントのADC「Equalizer」による、既存インフラを活用してシームレスかつコストパフォーマンスを考慮したIPv6移行方法を解説する。さまざまなIPv6対応製品やIPv6移行ツールが出てきているが、その中でもネットワークのキーデバイスとしての負荷分散装置(ADC)を起点としたIPv6環境への移行プランが現実的なアプローチとなるのではないだろうか。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -