ニュース
» 2012年10月19日 13時14分 公開

日本IBMが特権ID管理ソフトを発売

日本IBMが特権IDを一元管理する「IBM Security Privileged Identity Manager V1.0」を発売した。

[ITmedia]

 日本IBMは10月19日、特権ユーザーのログインIDを一元管理するソフトウェア新製品「IBM Security Privileged Identity Manager V1.0」を発売した。

 新製品は、ポリシーに基づいてIDを管理する「IBM Security Identity Manager」と、ユーザー認証処理を自動化してシングルサインオン機能を提供する「IBM Security Access Manager for Enterprise Single Sign-On」を連携させることで、特権IDの集中管理を可能にする。システムやサーバ台数が増加しても、特権IDの数を増やすことなく、管理者が必要に応じて特権IDを使用できるようになるという。

 管理者はパスワードを知らされることなく対象システムにログインでき、管理者がどの特権IDをどの期間使用したかなどの履歴も自動的に記録される。これにより、悪意や不注意で特権IDのパスワードが外部に漏えいする危険性を低減し、万が一の事故でも操作者の特定が可能になるとしている。

 使用料金は、1ユーザーあたり2万5200円(税別)となる。

関連キーワード

IBM | 一元管理 | ID管理


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -